脊柱管狭窄症を手技だけで改善する専門整体

ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  

  脊柱管狭窄症は病名で坐骨神経痛は症状を表す表現です。
  つまり、頭が痛ければ頭痛、腰が痛ければ腰痛と同じように坐骨神経のライン
  (お尻から太もも裏、ふくろはぎ足先にかけて)が痛みやしびれがあると坐骨
  神経痛ということです。
  「坐骨神経痛」という病名はありません。
  脊柱管狭窄症と坐骨神経痛は別物の病気と思っている方もいますが、脊柱管狭窄
  症という病が原因で腰痛や坐骨神経痛の症状がでるということで別物ではありま
  せん。
  脊柱管狭窄症は腰痛よりも坐骨神経痛の症状が強く主にお尻から太ももにかけて
  痛みやしびれがでます。
  症状が重くなってくると脚全体の痛みが強くふくろはぎや足先まで痛みやしびれ
  がでてきます。
  脊柱管狭窄症は骨の変形や靱帯の肥厚が要因なのでそれ自体は手術以外に回復す
  ることはできません。そのため手術以外の治療は坐骨神経痛を薬で抑えるという
  方法になります。しかし、薬で痛みを抑えても治ることはありません。
  整体では、この坐骨神経痛を改善する手技があります。