ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問



ご来院者の声












松本市沢村2-15-11
のぞみ整体院



「のぞみ整体院」には
・松本市・安曇野市・塩尻市
・大町市・岡谷市上田市
・池田町・辰野町・・木曽町
・木祖村・生坂村・筑北村
・麻績村・朝日村・山形村
・松川村
よりご来院いただいています



腰痛と骨盤矯正





  
   腰痛を解消する専門施術は慢性腰痛、疲労腰痛、ギックリ腰、あなたを悩ます[腰の痛み]を解消する
   専門の整体手技です。
   根本的な解決を目指しているのでボキッボキッしたりギューギュー押したり揉んだりするような
   一時しのぎのような手技はしません。

   「慢性腰痛でいろいろな院に行っているがなかなかよくならない」
   「腰痛で本当に悩んでいる、根本的に解消したい」
   「仕事や家事など日常生活に支障がでていてなんとかしたい」
   「ギックリ腰がくせになって困っている」


   このような方、ぜひお力になれると思います。
   10年以上の実績と経験、多くの方の「痛い つらい」を改善に導いてきました。
   この経験をいかし早期に改善するよう努めています。一度当院の施術を受けてみてください。
   「痛みなく、無理なく改善される」という整体手技を体験してください。








 骨盤のゆがみを正す

  
  あなたはご自分の骨盤のゆがみについて考えたことはありますか。
  腰痛の方は大なり小なり骨盤のゆがみがあります。
  骨盤のゆがみというのは、骨盤の骨が変形しているわけではなく、
  骨盤が 「前後に傾いている」「左右上下に傾いている(足の長短差)」「回旋してねじれている」
  このような状態をいいます。日常生活のなにげないくせや不良姿勢、体の酷使の蓄積で骨盤はゆがん
  でいきます。
  腰の真下で支えている骨盤がゆがんでいると腰に負担がかかり痛みを発します。
  特に右側が痛い、左側が痛いなど左右差がある場合、腰というより骨盤やお尻が痛いという方はほぼ
  間違いなく骨盤のゆがみが起因になっています。
  いくら腰を押しても揉んでもこの土台になっている骨盤を正さないと何をしても根本改善はできません。
  



 上半身のゆがみを正す

  
  上半身のゆがみも骨盤のゆがみと同様に腰に多大な負担をかけます。
  たとえば左右の肩の高さが違う、体の軸が傾いている、このようなゆがみは当然腰に負担がかかり痛みを
  発します。
  また上半身のゆがみは骨盤のゆがみも助長します。
  腰は上のゆがみ、下のゆがみにはさまれとても負担を強いられることになります。
  上半身のゆがみは主に仕事関係の影響を受けやすく、無理な体勢が多い職業や力仕事、立ったり座ったり
  が多い育児、などです。
  この場合もいくら腰を押しても揉んでも体全体をみていかないと根本改善はできません。



 股関節の調整

  
  関節は上半身をしっかりと支えなければならない人体で一番大きな関節です。
  この関節がしっかりしていないと立つことも歩くこともできません。
  股関節が痛くなると骨盤や腰回りの筋肉に多大な負担がかかり腰が痛くなり股関節が痛いのか
  腰が痛いのかよくわからないような状態になります。
  また股関節は歩行や立ち上がる動作や前かがみになる動きに関係していて「体を動かす」という
  動作に対して腰へ影響をあたえる重要な関節でもあります。
  そのため腰は痛いけど股関節は痛くないという方も、この
股関節を調整すると
  腰への負担が減り
腰回りがとても軽くなる、前かがみが楽にできる、歩行時の腰の痛みが楽になる
  という効果があります。



 筋膜・筋肉の調整

   
   筋膜というのは筋肉を覆っている膜ですがこの筋膜は本来伸縮性のあるものですが疲労すると
   堅くなり”コリ”になったり縮んで伸縮性が保てなくなり痛みや血流障害、関節の可動域の不具合など
   おきます。また神経の多くは筋肉の内部より表面の筋膜に存在するので、よくある筋肉痛は
   実は筋膜の痛みなのです。
   この筋膜をしっかりと伸ばしてあげると関節や筋肉が動かせやすくなり筋肉痛も和らぎます。
   本来の体の動きは筋膜がしっかりと伸縮性がある状態だととても軽快で、筋肉が正常に力を発揮し、
   関節が正常に動く状態になるのです。
   腕が良いといわれるマッサージ師さんはギューギュー揉むようなことはせずこの筋膜をしっかりと
   伸ばしています。
   だから軽い力なのに術後はとても体が軽くなり、すごく効いている実感が得られのです。
   私もこの筋膜調整を取り入れてから軽い力で効かせる「痛くないのによく効く施術」ができるように
   なりました。
   腰痛は、かたよった体の使い方による筋膜の異常、運動不足による筋膜の異常、さらに筋膜の異常が
   伸縮性のないこりかたまった筋肉にしてしまい、体のゆがみを引き起こしていることも起因になって
   います。
   この状態を放置して、湿布を貼って我慢しているので慢性腰痛になってしまうのです。



 腰回りの血行不良の改善

  
   腰痛は上記のようなゆがみや筋肉の硬縮により血流障害がおきていることが原因です。
   血液は栄養素や酸素を運搬するとともに老廃物を受け取って運ぶ働きをしています。
   その血液が滞ると必要なものが不足し不要なものがたまり、疲労が蓄積されます。
   腰が重だるい、腰に力が入らない、などの原因は血流障害がおきているからです。
   そのため、温泉に入って温めたり腰回りをもんだりすると血流が良くなるので一時的に楽になるのです。
   しかし、その血流障害を招いている筋肉の硬縮や体のゆがみを解決しないので根本的な改善が
   されません。









  
  腰痛になる原因はほとんどが仕事や日常生活にあります。
  あなたは「腰が痛い」と感じた時、その原因は腰にあるとお考えですか。
  「腰の骨がずれた」 「腰の筋肉が硬くこっている」
  「腰が痛い」というのは結果であり、原因は他の所にあることが多く、腰が痛いのは他の部分か
  らの影響で腰が痛くなったということです。

  仕事や日常生活に潜む腰痛の原因について解説します。
  
・長時間同じ姿勢のままほとんど動かない
   
デスクワークや運転手の方に多い
   何時間も座りっぱなしというのは背中から腰にかけて筋肉がこりかたまってしまい、腰が動か
   しにくくなります。
   さらに座っている姿勢も悪ければ骨盤や背骨のゆがみもでて当然腰痛になります。
   急に動いた拍子にギックリ腰になったり、運動不足の人は脱腸ヘルニアになることがあります。
  
・立ち仕事や足の疲れ
   美容師さんや接客業、営業回りの方、家事などで忙しい主婦に多い
   立ちっぱなしや長時間の歩行は座りっぱなしの方に比べ腰への負担は少ないのですが、
   背面側の筋肉に負担がかかるため腰痛になります。
   具体的には、
お尻周りの筋肉、太もも後ろ側、ふくろはぎです。これらに負担がかかるため腰
   がはってくるのです。またアンバランスな体勢をとっていると背骨や骨盤のゆがみもでてきます。
   長時間の歩行は、足が疲れますのでやはり腰に負担がかかってきます。ヒールをはいていたり
   足にあわないくつなどは足の疲労とともに反り腰を招き腰に多大な負担がかかります。

  ・重たいものを持ち運ぶことが多い
   運送業や大工さんなど
   背中や腰周りに過度の負担がかかる上、椎間板を傷めやすいので腰痛になります。
   また腰が耐えられなくなると一発でギックリ腰や椎間板ヘルニアになります。
   ひざや股関節も傷めやすくその影響もあるので腰にコルセットを巻くだけでは完全に防ぐことは
   できません。
  
・前かがみや中腰体勢が多い
   
看護師さん介護士さん、子育てママさん、農家の方など
   
腰の筋肉に最も負担がかかる体勢で、腰椎の関節や椎間板にも負担がかかります。
   腰は本来反っていて横から見るとS字カーブを描いているものでそれに相反する前かがみの体
   勢は反りがなくとても負担を強いられます。
   そのため長い時間、前かがみや中腰の姿勢を続けていると腰が伸びにくくなります。
   また、慢性化すると体の深層筋(インナーマッスル)が硬縮し腰がしっかりと伸びなくなって
   しまいます。
  
・日常生活や仕事で無理な姿勢、同じ動作の繰り返しが多い
   
内装業や電気工事の方、絵描きさんや家事や育児で忙しい主婦の方など
   無理な体勢や同じ動作の繰り返しは、例えば体をひねった状態や上を向いている時間が長い、
   流れ作業などで右から左ばかり廻っているなど体の特定の部位ばかり負担がかかり体の使い方が
   かたよってしまい、特定の部位の筋肉疲労、背骨や骨盤をゆがませる原因になり腰痛になります。
   
   その他、過剰なストレスや内臓の疲労などによる腰痛も考えられますがこれらの原因が疲労を
   蓄積させ腰痛になります。