ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  

  左右どちらかの脚または両脚の脚の付け根や臀部が痛い 股関節に違和感 鈍痛がある
  立ったり座ったりの動作 歩き始め 車の乗り降り時 などに痛みが出る

  初期の変形性股関節症はこのような症状がでます。
  股関節を覆っている軟骨がすり減ってしまうため炎症をおこし発症するといわれています。
  症状が進行すると股関節の可動域が狭くなり歩行痛、夜間痛もでてくるので手術の対象になります。
  <見解>
  発症時は、脚の付け根や股関節に限らず、骨盤周りや臀部に痛みや違和感が生じるので坐骨神経痛
  と勘違いする方も多く、実際に病院でもそのような診断がくだされることもあるので、セカンドオピニオン
  などしっかりと検査してご自分の病名や症状をしっかりと認識しておくことが重要です。
  実際にこの勘違いはかなり多く、一整体師の私がこの症状は「坐骨神経痛ではありません」
  といっても医者の診断を覆すだけの説得力はないのでしっかりと検査を受けて認識してください。
  問題はここからですがご自身の症状が「初期の変形性股関節症」であるということが明確になって
  その対策ですが、よくなるか進行していくかはご本人の努力次第です。
  この症状は、一番ご本人の努力が必要で今後の人生を大きく左右する状況です。
  ほっておけば確実に進行していく症状で「薬を飲んで休んで様子をみよう」
  「毎日電気治療を受けよう」では改善しません。
  医者に「安静にしてください」といわれたので、毎日寝ていたらいつか治るのか、入院していたら
  いつか治るのか、残念ながら治りません。治るどころか筋力低下で歩けなくなるでしょう。
  症状が進行して「手術してもいいや」とお考えでしたらいいですが、それまで
  耐えがたい歩行時の激痛、家族への配慮、手術後も確実に痛みがとれ歩行ができるという
  保証もありません。
  初期の段階なら整体施術とストレッチ、水中ウォーキングで、充分回復する可能性があります。
  少なくても進行を防ぐ効果はあります。
  この症状は、臨床経験上、ほとんどの方は股関節周りの動きが悪く、とても硬くなっています。
  これは、股関節まわりの筋肉の硬縮、スジや靭帯に柔軟性がなく血流障害もあるからです。
  これを改善すれば回復します。
  しかし、この状態が長期間続けば回復することは困難になります。
  臨床データ上では、初期の変形性股関節症はほとんど高い確率で発症前の状態にすることが
  できます。逆に、進行し慢性化すると何をしても改善しないというデータもでています。
  施術間隔は、最初の3〜4回くらいはあまり間をあけず、つめて施術し状態をみながら間隔を
  週一回などあけていきます。先にある程度の股関節の可動域を広げていき動作痛を緩和させます。
  状況をみながらストレッチなどできることを指導します。
  痛いのを無理して施術したり運動をすすめることはありません。
  回復が早い人は1か月くらいで改善します。
  通常2〜3か月くらいでほとんど気にならない、運動もできるような状態になります。