ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  50代の腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の併発

  過去にギックリ腰を何度かやっている 慢性腰痛で困っていた
  そしてある日 足の方まで痛みやシビレが発症 お尻、太もも、ふくろはぎ、足先の方まで痛みとしびれ
  がでて日常生活にも支障
  病院で検査を受けたら椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の所見
  薬も注射も効かない・・・
  50代60代にみられる椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の併発
  腰痛の延長から発症したヘルニアと狭窄症による強烈な坐骨神経痛で炎症も強く鎮痛薬も効かない


  <見解>
  炎症が強くうつぶせ仰向けの体勢が数秒〜数分の方が多く施術法が限られます。
  しかし、臨床上では数回の施術で早い段階で強い痛みは軽減し、日常生活に困らないレベルにすることが
  できます。
  問題はその後ですがしつこく鈍痛や違和感が続くことがあります。
  しっかり完治するまで整体施術をうけることが望ましいのですが2〜3ヶ月くらいかかることもあり
  また日常生活には困らないレベルなので通院をやめてしまうことがあります。
  そのため慢性化する傾向があり、運動やストレッチをして自分自身の力で症状をコントロールする術を
  身につける必要があります。
  
  整体では薬が効かない、ブロック注射も効かない、とにかく痛いという症状でも施術は可能です。
  ただし1〜2回の施術で即効でよくなることはまれで、通院が前提となりますので、通院の意思が全く
  ない、通院はできないという方は他の方法を考えてください。



 のぞみ整体院駐車場のご案内