ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  

  左右どちらかのあるいは両側の首、肩、腕、ひじにかけて強い痛みがるまたは強いコリ感やだるさがある
  病院の検査でも異常がなくリューマチや五十肩、頸椎ヘルニアの所見もない
  鎮痛薬や注射もそれほど効果なし 発症して2週間くらい

  この症状は、特に原因も思い当たりがなく上肢全体に強い痛みがでたり、強いコリ感があり、病院検査で
  も特に異常がみられない典型的な頸肩腕症候群です。
  <見解>
  上肢の深層筋、いわゆるインナーマッスルやスジが硬縮し、肩関節や肘関節がねじれて痛みや違和感を
  発症したものと考えられます。
  要するに、腕がこりすぎて関節にねじれがでてきてしまったがそれほど大きなねじれではないので
  レントゲンをとっても異常がみあたらない、長期間にわたり腕を酷使してきた結果発症したものなので
  湿布をはっても多少やわらぐような気はするが痛みはとれない
  根本原因を解決していないので、鎮痛薬も効かない、かりに効いてもすぐ元にもどる、
  できるだけ腕を休ませるように言われるがそんなわけにはいかない、
  なんとかならないものかと困ってしまって鍼灸や整体などを試みる、運よく当院に来た方は、解決する
  というパターンです。
  この症状の強い痛みや強いコリ感は関節のねじれが原因なのでこのねじれをもどさない限り、
  解決しません。
  施術は、上肢の硬縮した深層筋をゆるめる、ねじれた関節をもどす、身体のゆがみを正す、
  これらを行うことによって数回の施術で解決します。
  臨床データでは、2週間の間に3〜4回施術すると大方、解決します。
  いつまでも湿布をして様子をみていたりすると、慢性化して何をしても治らなくなります。