ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  親指のつけ根が痛い腱鞘炎(ドケルバン病)

  手を広げたりにぎったりする動きで親指がピリピリする腱鞘炎
  発症して1週間、2週間・・湿布をしてできるだけ休めて様子をみていたが一向によくならない
  職業柄よく手を使う仕事の方 家事や仕事で忙しい主婦 ピアノや楽器など音楽活動に従事している方
  に多い悩みの症状


  <見解>
  腱鞘炎はとても治りにくい症状です。
  痛みが発生したときには腱鞘にかなりのダメージをうけています。
  湿布したりテーピングして様子をみて改善する症状ではありません。
  この症状は痛い親指のつけ根ばかりにとらわれがちですが実際は手首から肘にかけてついている腱鞘部に
  炎症をおこして痛みを発しています。そこになにもしないので改善しません。
  また腱鞘部に炎症をおこしている要因は腕がうまく使えていないことです。
  腕が使えていないとは腕の筋肉のバランスが悪く腕の奥の筋肉が硬くこっていたり、一部の筋肉ばかり負
  担がかかり筋膜同志が癒着して腕本来の機能がせず腱鞘に負担がかかり炎症をおこします。
  そのため腱鞘炎をおこしている側の腕は常にだるく力が入りにくい状態です。
  これを改善するのに必要なことは注射や薬ではなく整体施術とストレッチです。
  整体では、頸肩腕や背中のはりをとり癒着した筋膜を整え、骨盤や体幹のゆがみを正し、腱鞘部の負担を
  軽減させます。
  痛めた腱鞘はストレッチで回復させます。
  ストレッチは回復と予防の効果があるので回復後の再発を予防します。
  注射や薬で一時的に改善しても再発するのが腱鞘炎です。ストレッチで自身の力で治すことが再発予防に
  なります。
  基本的に改善するにはストレッチが主になりますのでやらないと回復しません。
  整体施術数回、ストレッチを毎日やって1,2ヶ月先の回復を目指します。

   
 のぞみ整体院駐車場のご案内