ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  

  けがや事故でもなく、ある朝起きてからなんとなく首が痛い、寝違えのようなこっているような
  上下左右特定の部位に動かすと痛い つっぱるような感じ 背中のほうまでひきつれるような感じ
   

  このような経験はだれでもあると思われる首の痛み
  ほとんどの方は2〜3日くらいすればだいたいよくなることが多いのですが、一向によくならなかったり
  そのまま慢性になってしまうこともあります。
  1週間以上たっても痛みが続いたり手のほうにシビレを感じるようなことがあれば病院で検査をするなり
  早急に解消するよう手立てを考えたほうがいいでしょう。
  <見解>
  要因は、寝違いの他に、不良姿勢やかたよった体の使い方が同じ部位に負担をかけそれが蓄積したもの
  や急に雪かきなどの重労働をした場合などおきます。首の筋肉が硬縮しているので背中のほうまでツッパリ
  感がでることもあります。手のほうにシビレがある場合は、頸椎ヘルニアや神経根症など発症した可能性が
  考えられます。
  このような場合、首周りのどこかに硬く縮んでしまっている部位がありますが、そこを押したりもんだりし
  てもゆるみません。かえってやりすぎると内出血したりして逆効果です。
  臨床経験上、首の痛みは腕のほうから肩にかけてゆるめていくと首のほうまでゆるんできます。
  肩甲骨の際にもこりのかたまりがあるのも特徴でこれが肩甲骨の動きを制限し、首にツッパリ感を感じる
  のでこれもゆるめます。あと骨盤のゆがみもありますの矯正が必要です。
  これでほとんどの首の痛みは解決しますが、背骨と第一肋骨の調整も行うこともあります。
  コリが原因のものであれば1〜3回くらいの施術で解決します。
  慢性化した症状、ヘルニア、神経根症はもう少し時間がかかります。