ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  

  重い物をもったり、長い間座っていて立ち上がった瞬間
  掃除をしていたら、運動を始めたら、急に腰が痛くなってきた
  だれでも一回くらいは経験がある急性腰痛

  日頃、あまり動かない運動不足の人が急に体を動かしたり
  腰の疲労が蓄積してそれが痛みとして現れてきた
  ようなことが考えられます。
  毎日パソコンに向かいあい運動不足を自覚している方、
  仕事に家事に忙しい主婦の方、慣れていない仕事や急に体をつかうような仕事を始めた方
  などによくみられる症状です。
  <見解>
  日頃、あまり体を動かさない人が急に腰痛になる場合は、
  反射神経や運動神経が鈍っているので体がいうことをきいてくれないうえに、急に動いて使って
  いない筋肉や関節を動かすので発症します。
  この場合、ストレッチなど軽く少しずつ体を動かしているうちに治まってきます。
  筋肉痛のような症状がおきるかもしれませんが、日がたてば治まるでしょう。
  いつまでも治まらなければ骨盤や関節に問題があると考えられますので整体施術をうけることを
  おすすめします。大方、即解決する症状です。
  湿布をはっていつまでも様子をみていたり、鎮痛薬を飲んでほっておいたりすると
  慢性になったり、きついぎっくり腰に発展してしまうこともありますので早めに施術をうけましょう。
  なお、この症状で病院に行ってもレントゲンをとって異常なしだと思います。
  腰の疲労が蓄積してそれが痛みとして現れた場合、鈍痛や重ぐるしいような腰痛が続いたり
  また良かったり悪かったりを繰り返し徐々に悪化していくことが考えられます。
  ほとんどこのような場合は、骨盤のゆがみと骨盤周りの筋肉の硬縮があります。
  やはり、湿布をして様子をみていたり、鎮痛薬を飲んでいても解決はしません。
  骨盤矯正と、骨盤周りの筋肉の硬縮をゆるめないといずれきついぎっくり腰になったり慢性腰痛や
  ヘルニアになる可能性があります。
  早い段階なら数回の施術で解決しますが、悪化してしまうと何回か施術が必要になり、慢性化
  するとずーっと悩まされることになるでしょう。
  だいたい初期段階の対応を誤るので慢性腰痛になってしまうのです。慢性腰痛になるとどこへ
  行ってもそう簡単には、治らないのであっちの整体、こっちの鍼灸とまわって結局、即効性も
  ないし通院もしないのであきらめてしまうというパターンに陥るのです。
  慢性化する前に、対応しましょう。

 

 のぞみ整体院駐車場のご案内