ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

















産後1年以内の方の産後ケアコースとは

産後の開いた骨盤を閉める矯正とゆがんだ骨盤を整える矯正、
産後の骨盤周りの痛み、腰・股関節・恥骨・ひざの痛みの解消、
育児疲労による頭痛、首や肩の痛みの解消、
体のはりや疲労を即効で解消する産後の方にとても好評の専門施術コースです。






   
 産後の骨盤を整える専門院として多くの方の骨盤を矯正、足腰の痛みでお悩み
 の方を改善してきました。
 産後の諸症状を改善するために専門に技術を習得し、独自の施術を作り上げた
 のが産後ケアコースです。この「産後ケア」の特徴は骨盤矯正の他に産後特有
 の足腰、骨盤周りの痛みを改善すること、育児疲労を解消する施術ができるこ
 とです。
 確かな技術と豊富な経験で「早期改善」「ご満足いただける施術」を心がけて
 います。
 産後1年以内の方ならどなたでもお気軽にうけられるコースです。
 この機会にぜひ専門施術をうけてみませんか。









   産後の骨盤矯正とは、
   
「出産で開いた産後特有の開いた骨盤を閉じる施術と
   「出産後の不安定な骨盤がゆがんでしまった状態を整える」
施術をいいます。
   出産時はホルモンの影響で全身の靭帯がゆるみ、骨盤もゆるみ産道がつくられ赤ちゃんをスムーズに
   出産することができます。この靭帯をゆるませるホルモンの分泌は産後もしばらく続くため、骨盤は
   ぐらぐらと不安定な状態でとてもゆがみやすい状態にあります。
   この間に身体の「元に戻ろうとする自然の力」の働きによって骨盤は閉まっていくのですが、何かし
   らの影響でなかなか閉まっていかなかったり、骨盤がゆがんだ影響で閉まっていかないことがあります。
   この閉まっていかない状態を放置しておくと骨盤周りに脂肪が溜まりこみ、下半身太りや下っ腹ポッコ
   リの原因になります。また、骨盤のゆがみは足腰の痛みの原因になったりとてもやせにくい、体重が落
   ちにくい体になってしまいます。
   
産後の骨盤矯正の時期
   
産後の1カ月検診が終わってから6カ月くらいまでが最適期です。
   
できるだけ早いほうが良いという考え方もありますが、産後の子宮が収縮している期間は避けるべきで、
   検診が済んで異常がない状態で落ち着いてからのほうがいいです。
   また6カ月以上経過すると靭帯や骨盤が固まってきてしまい矯正がしにくい状態になってしまいます。
   特に下半身太りなどの解消には時間と手間がかかります。
   以上のことから産後の骨盤矯正の最適期は産後2〜6カ月くらいです。






   産後の骨盤のゆがみによる足腰の痛み
   産後の骨盤はホルモンの影響で、ぐらぐらと不安定です。
   上半身と下半身の間にある骨盤が不安定のため体はとてもゆがみやすい状態にあります。
   育児や家事による日常生活のくせで骨盤がゆがむことはめずらしいことではありません。
   左右の脚の長さが違う、左右の骨盤の位置が違う、後ろ姿がくの字になっている、お尻がでっぱている
   など感じていれば明らかに骨盤はゆがんでいます。
   また脚のつけ根が痛い、股関節や恥骨が痛い、腰や骨盤が痛いなど大方、片側の足腰に症状がでること
   が多く、これらも骨盤のゆがみの影響です。またぐらぐらとした骨盤を安定させようとしてひざに力が
   入り、ひざ関節にはなんの問題もなくひざが痛くなることがあります。
   痛みが強くなっていたり、痛む範囲が広がっていたりする場合は、悪化しているので椎間板ヘルニアや
   坐骨神経痛へと発展していくことがあります。
   
骨盤のゆがみが起因の痛みは骨盤を正しい位置に矯正すれば改善していきますので、
   ガマンしたり放置したりせず早めに骨盤矯正することが望ましいです。
   疲労による足腰の痛み
   育児はいままでの日常生活が全く変わってしまうので、体の疲労が激しくなります。
   特に背中や腰への負担が大きく、たとえ骨盤が良い状態であっても足腰が痛くなることがあります。
   そのようなことが原因で骨盤が徐々にゆがんでしまうことがあります。
   骨盤がゆがんで痛みの症状が出るか、疲労による体のはりが骨盤をゆがませてしまったのか、その違い
   はその人の体の筋力や日常生活によるものです。
   いずれにしろ疲労をためこまない、体のはりやこりをリセットすることが予防になります。







   育児家事による疲労から体のあちこちが痛い、体が重だるい、力が入らなくて動けないということがあ
   ります。
   腕や肩のこり、背中や腰のはりはよくあることで自分でマッサージしたり湿布してガマンしていること
   もあるでしょう。
   このようなことがきっかけで腱鞘炎や頚肩腕の痛み、猫背、慢性痛へと発展していきます。
   疲労やからだのはりは、人それぞれ体力や生活環境によっても違いがでてきますが、体をリセットする
   ことによって諸症状を防ぐことができます。
   リセットするというのは、疲れやだるさ、はりをいったんゼロにするということです。
   肩がはる、腰がだるいという状態をリセットすると肩が痛い、腰が痛くて動けないという状態を予防す
   る効果があります。またリセットすることによって体力の回復と育児や家事の忙しさへ体が順応してい
   く状態をつくっていくことができ疲れにくい体に変わっていきます。
   湿布をしてガマンしていよいよ限界、どうにもならなくなるまで待つよりも体をリセットして体を環境
   や生活習慣に順応させていくことが望ましいです。
   では、リセットするにはどうすればいいかということですが、
   ご自分でストレッチや産後体操をしてみる、家族にマッサージをしてもらう、という方法もありますが、
   効果には限界があるでしょう。
   やはり、産後の骨盤矯正ができて、こりや痛みにも対応できる施術もできて確かな技術がある施術を受
   けるべきです。
   当院では、産後の骨盤矯正はもちろん、疲労を回復させる施術法を身につけていますので体をとてもラ
   クにさせることができます。