ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問



初めての方へ















松本市沢村2-15-11
のぞみ整体院







 

 
 仙腸関節障害

 仙腸関節は骨盤の仙骨と腸骨の間にある関節で周囲の靭帯により硬く連結されています。
 (下図解剖図参照)
 仙腸関節の機能は身体を支え左右の脚に体重を二分し、身体の前後屈や捻転でわずかに動く
 ことによってバランスをとり、歩行のときわずかに動くことによって歩行をスムーズにします。
 関節の可動域は数mm程度なのでズレていてもレントゲン、MRIなどの画像検査ではわかり
 ません。
 「腰痛の本当の原因はこの仙腸関節障害だ」と唱える医学者が増えています。
 慢性腰痛の方はこの仙腸関節に不具合が生じているため慢性痛になるのです。
 
この仙腸関節障害は不良姿勢や身体の酷使でこの関節に負担がかかり、関節の正常な動きが
 阻害され周囲の靭帯や筋肉に過剰な負荷がかかり足腰に痛みを発生します。
 

 つまり関節のズレ、動きが悪い、動かない、逆に動きすぎによって痛みを引き起こします。
 痛みは片側の腰、お尻、骨盤、股関節などに発生し、悪化すると脚のつけ根、太ももの後ろなど
 に広がり、ぎっくり腰や出産後の腰痛にもよくみられる症状です。

 特徴として
歩き始めが痛く歩いているうちに徐々に楽になってくる、座っていて立ち上るときに
 痛い、長時間の同じ姿勢がつらいなどの症状です。


 病院で検査を受けても画像検査では異常がみられないため「坐骨神経痛です」と言われます。
 
こんなに痛いのに異常がない?坐骨神経痛?
 画像検査では関節の動きが悪いとか数mmのズレや筋肉の硬縮などはわかりません。
 椎間板や骨の変形がみられないと異常ありませんということになります。

 
仙腸関節障害の回復は整体手技に適しています。
 当院では仙腸関節回復法で仙腸関節の正常な動きを回復させます。
 痛くなく気持ちよく楽になりますので「すごい楽になりました」
 「もっと早くくれば良かった」という声をいただきます。
 慢性腰痛の方も集中して仙腸関節回復法を行うとどんどん回復していきます。





   
「クリニカルマッサージ」より引用



戻る