なんとなく首が痛くコリ感が強くなってきた。
  肩の方までツッパルような感じで肩甲骨周りが
  強くこってきて腕までだるくなってきた。
  力が入らない。
  だんだん腕の方まで痛みが広がりしびれる感覚も
  でてきた。
  これはちょっと尋常ではない。
  病院で検査を受けたら「頸椎椎間板ヘルニア」
  と言われた。
  治療は、低周波、湿布、鎮痛薬、注射、牽引・・
  症状は全然変わらない・・
  整体とかカイロプラクティックはなんか怖いし・・
  困ったなあ

  おおすじこのような経過ではないでしょうか。
  首の痛みより腕の痛みやしびれ、手先のしびれの方
  が気になる方が多い症状です。
  治療を受けて症状が改善されないのであれば当院の
  施術を受けて解決しませんか。
  多数、改善実績があります。


  整体からみる頸椎ヘルニア

  椎間板ヘルニアというと腰のイメージが強いですが
  構造上は腰も首も同じで頸椎も椎間板ヘルニアにな
  ります。
  「頸椎」も骨と骨の間には椎間板が存在しその椎間
  板がなにかしらの要因で飛び出し神経を圧迫し腕の
  ほうに痛みやシビレを発症する症状です。
  不良姿勢、激しい運動、上を向いて作業することが
  多い職業(電気工事士など)の方など首にかたよっ
  た負担がかかることで椎間板が飛び出して発症しま
  す。
  症状の出方はそれぞれ個人差がありますが片側の首
  や肩周りに強いツッパリ感、腕の方に放散痛しびれ
  脱力感、手先の方まで痛みやしびれを伴うことが多
  いです。
  治療はよほどの重症でなければ保存療法で鎮痛薬な
  ど対処療法で経過観察になります。
  整体からみる頚椎ヘルニアは、ほとんどの方が首肩
  腕に強いはりツッパリがみられますのでこれを緩め
  る手技を施します。
  整体というとボキボキとか矯正というイメージがあ
  り首に関することなので不安に感じることが多いで
  しょう。
  まず当院では、首の矯正とかボキボキすることはあ
  りません。そのようなことは必要なく肩や腕を緩め
  ることがメインになります。
  それで腕の痛み、しびれ、首や肩の強いコリは軽減
  します。
  頚椎ヘルニアは頸肩腕を緩めると自然治癒力が働き
  やすくなり痛みしびれは治まっていきます。



  頚椎ヘルニアは首から肩甲骨周りの硬縮

  頸椎ヘルニアは頸椎の間の椎間板が飛び出している
  ので首をけん引して頸椎の間を広げるというのは昔
  の病院治療のやり方で道理にかなっているかもしれ
  ませんがそのやり方では、ほとんどの方が変わらな
  いまたは余計痛くなります。
  というのは原因は首や肩周りの筋肉の強い硬縮なの
  で無理に引っ張るようなことをすれば余計痛くなり
  ます。
  頚椎ヘルニアは首肩周りの筋肉の硬縮が椎間板を
  引っ張って神経根を圧迫しておきている症状なので
  自覚症状も首や肩、肩甲骨周りに強いコリ感、
  ツッパリ感があるはずです。腕の方への放散痛や
  しびれは首から肩腕にかけての腕神経の圧迫、
  硬縮による血流障害があるので首肩腕の筋肉の
  硬縮を緩めれば自ずと解消し飛び出した椎間板は
  自然消失します。
 


   頚椎ヘルニアの施術

  頸椎ヘルニアの施術は
  ・首から肩にかけての強いこり、ツッパリを緩める
   首に強いコリ感があったり肩甲骨の際に強いコリ
   感があったり症状によって個人差があるものの
   肩周りの筋膜を伸ばしコリをとり血流をよくする
   ことによって椎間板を正常な状態へもどす
  ・頸肩腕の連動をスムーズに緩める
   首から腕にかけて圧迫されている神経を解放し
   痛みシビレを緩和消失させる
  この症状を治めるのに首への強い刺激は必要なく
  腕を操作するだけで頸肩腕を緩められるので症状
  は治まります。
  首には全く触れないわけではありませんがひねっ
  たり強圧するようなことはありません。
  施術自体も全く痛みもなく無理なこともしません。
  臨床データ上、首を全く動かせないなどよほどの
  重症でなければ施術は平均5回くらいでほぼ痛み
  シビレは消失します。
  鎮痛薬や湿布で様子をみていたり変にこじらせた
  りすると手に負えなくなりますので早めに施術を
  うけてください。