・腱鞘炎・バネ指と言われたがどうすればいいか
  わからない
 ・手首が痛くて日常生活に支障がある

 ・治療を受けているが改善しない
  腱鞘炎やバネ指は長期間、手に多大な負担をかけて
  きて発生した症状なので簡単に治る症状ではありま
  せん。
  また手や指の痛い部位ばかり気が向いてしまいます
  が、痛みを引き起こしている原因は腕や肘、肩、
  首の影響をうけていることが多いのです。
  そこに着目しないので痛いところに塗り薬や湿布
  をしたり低周波をあてたりしているだけなので改善
  しないのです。
  腕や肘の関節のゆがみ、腕の疲労・こり、首肩こり、
  これらにも対処していかないと腱鞘炎は改善しない
  のです。


 整体からみる腱鞘炎

 腱鞘炎とは
 腱(スジ)は腕から指まで束状に何本も通っていて
 伸縮性のある腱のはたらきによって指の曲げ伸ばし
 が可能になります。
 複数の腱をおさめる鞘が腱鞘でこの腱鞘が何らかの
 理由で腫れたり摩耗するため炎症をおこし痛みを引
 き起こします。
 手指の使いすぎや過剰に力がかかりすぎたり同じ動
 作の繰り返しで摩耗したりすることが原因です。
 親指や手首に症状がでることが多いですが他、肘や
 どの指も発症する可能性があります。
 その状態が悪化すると指がひっかかるような感じに
 なりバネ指になります。
 できるだけ休めて塗り薬、湿布、サポーター、
 テーピング、低周波といったところが主な治療です。
 しかし、なかなか改善しないのが実情です。
 治りにくい原因として
 ・痛みを感じるまでの潜伏期間が長い
 
(痛みを感じる頃にはかなり悪化している)
 ・手を使わないわけにいかないので手を休めない
 ・治療が的確でない
 ということがいえます。


 整体からみる腱鞘炎の原因は手指の使いすぎによる
 腱鞘のこりなのですが腕がうまく使えていないため
 指先や手首に過剰な負担がかかってしまっているの
 で腱鞘が炎症をおこしてしまうということです。
 腱鞘炎の方は、痛みそのものは指や手首にでている
 のですが、前腕や肘、腕はこり固まっているので腕
 全体にコリ感、だるさ、脱力感があります。
 この腕の筋肉が硬くこり固まっていると腕の補助が
 効かないので指先や手首に負担がかかってしまいま
 す。
 さらに腕全体の筋膜が癒着してしまい肘関節や肩関
 節にズレやゆがみが生じます。
 これらを放置して痛い部位だけを対処するので改善
 していかないのです。


 腱鞘炎の根本原因 頸肩腕の筋膜の癒着

 パソコンやスマホを長時間使うと指先が疲労しますが
 前腕や肩、腕の筋肉も補助的に使っていて、また同じ
 姿勢でいるので余計負担がかかりこってきます。
 この状態が続くと筋肉を覆っている膜、筋膜が癒着し
 てきます。
 本来、伸縮性のある筋膜が癒着すると伸縮性がなくな
 りツッパリ感、コリ感、だるさなどがでてきて腱鞘を
 圧迫するようになります。
 腱鞘は狭くなり腱の摩擦が生じ炎症を起こし痛みを発
 します。
 腱も疲労してきて伸ばしたりひねったりちょっとした
 動作でも痛みがでます。
 対処法は、
 
筋膜の癒着をはがし筋膜の伸縮性をとりもどし
 腕全体を本来の状態
にもどします。
 腕が回復すると自然治癒力が働きやすくなり炎症は治
 まり正常な状態へもどります。
 自身の力で回復するので再発の可能性は低いのですが
 回復するにはストレッチも必要で数ヶ月かかります。
 病院治療では、ステロイド注射、よくならなければ手
 術になります。
 手術自体は短時間ですみますが、再発の可能性が高く
 術後も必ず回復するとは限りません。
 どちらを選ぶかという選択になります。
 


 腱鞘炎の施術
 腱鞘炎の施術は上記でも記したとおり頸肩腕の筋膜の
 癒着をはがしこり固まった筋肉を緩めていきます。
 肘関節や肩関節にもゆがみやズレがみられることもあ
 るので同時に矯正していきます。
 施術は無理なことや痛みを伴うことはしません。
 痛い部位の指や手首をひねったり押すようなこともあ
 りません。
 あとはストレッチを指導しますので毎日行い少しずつ
 回復させます。
 指や手首の動かせなかった動作が少しずつ動かせるよ
 うになるので可動域が広がることによってこりが緩み
 血流がよくなり自然治癒力が働き腱鞘部が正常な状態
 へと回復します。
 回復には発症期間や生活習慣の影響があり個人差があ
 りますが、しっかりと根気よくストレッチをしていけ
 ば徐々に回復していきます。