ホーム ごあいさつ コース・料金 アクセス 施術の流れ よくあるご質問

 

  腰が痛くて前にかがめない


  腰が痛くて前にかがむ動きができない
  ギックリ腰や急性腰痛にありがちな動作制限ですが慢性腰痛でもおきる症状で
  す。どちらにしても理屈は同じで骨盤に原因があります。
  ギックリ腰や急性腰痛の場合は、以前より腰の疲労が蓄積してついに腰が耐え
  きれなくて体が骨盤にロックをかけた状態です。これ以上動くとあぶないから
  制限をかけたんですね。
  痛い場所も腰よりやや下の方の骨盤のあたりではないでしょうか。
  あるいは骨盤あたりプラスお尻や太もものほうも強いツッパリ感もあるでしょう。
  慢性の方は骨盤にロックはかかっていないのでゆっくりならかがめるけど起き
  上がるのも一苦労ではないでしょうか。
  まずやることは骨盤ロックをはずす。
  これは自分自身でやるのはちょっと難しいですが、うまくいけばロックははず
  れます。仰向けの状態で仙腸関節や仙骨あたりを下から自分のにぎり拳でグリ
  グリと押します。イメージは仰向けで自分の拳の上に骨盤をのせて寝ている体
  勢です。このとき少し足をあげてみたりひざをたてて左右に倒してみたりいろ
  いろ動いているうちに痛みが緩和されてきます。
  手技でやる場合は、患者さんの呼吸にあわせながら仙骨を上下左右動かしたり
  押したりゆさぶりをかけてはずします。
  痛みもなくほとんどの方は術後ラクになります。
  それでもどうしてもはずれなかったり慢性の腰痛の方は、骨盤周りの奥の筋肉
  がガチガチに固まっていることが多く、これを掘り返してゆるめてあげないと
  骨盤はスムーズに動いてくれません。
  またこのようなケースは、骨盤もひどくゆがんでいることが多く、すこし時間
  をかけて矯正していく必要があります。