手のしびれを薬も器具も一切使わない整体施術で改善したい方のための整体院

ホーム ごあいさつ アクセス よくあるご質問 整体施術の症例を解説してあります






松本市で手のしびれ・頸肩腕の諸症状を整体手技だけで解消する整体


  手のしびれの原因

   
  手のしびれは首から肩腕、手先にかけて走行している神経や血管を圧迫していることでおき
  る症状です。
  考えられる原因として
  頸椎症 加齢や酷使による頸椎(首の骨)の変形による神経圧迫
  頸椎ヘルニア 頸椎の椎間板の突出による神経圧迫
  胸郭出口症候群 胸郭出口部位の神経や血管の圧迫
  肘部管症候群 肘の尺骨神経の圧迫
  手根管症候群 手首の正中神経の圧迫
  腱鞘炎 手首や指先の酷使
  リューマチ
  他 肩こり 頸肩腕症候群 ムチウチ 更年期障害 自律神経失調症
    ストレス  原因不明
  上記の症状は病院で検査を受ければ明らかになります。
  しかし実際のところほとんどが検査では異常なし原因不明の手のしびれです。

  頸椎の変形が少しみられる、ストレートネック、頸椎の椎間板が減っている、
  頸肩腕症候群 などは原因不明の類になります。
  湿布して安静にしてくださいということになるでしょうが良くなることはないでしょう。
  
  これらの原因は首から肩腕、手先にかけて走行している神経や血管が何らかの要因で
  圧迫されているからです。
  この何らかの要因は筋肉の硬縮やこり、関節のゆがみが原因のことが多いのです。
  病院の検査ではこれらは異常なしという診断になります。
  投薬や湿布による経過観察になることでしょう。
  しかし症状が長引き慢性化すると治るものも治らなくなります。



  頸肩腕症候群とは

   
  頸肩腕症候群は、首筋から肩、上背部、腕にかけてコリ、痛み、しびれが伴う症状で
  検査しても病因が確定できない総称を言います。
  要するに検査しても特に異常がない首から肩、腕の痛みやこり、しびれは頸肩腕症候群になり
  ます。
  原因は、腕の酷使による疲労が蓄積して深層筋がこり固まるからです。
  症状が進行するとすじが固くなり関節がねじれて肘が伸びない、手首が曲がらないなど正常な
  可動ができなくなります。
  職業柄、仕事で腕をよく使う方、たとえば内装業、美容師さん、庭師さん、料理人さんなど、
  また仕事に家事に忙しい主婦の方、あとは腱鞘炎や五十肩をきっかけに発症することもあり
  ます。
  長時間、腕や手先を使う方に多い症状です。
  最近では、パソコンやスマホを一日中やって肩こりや指先の腱鞘炎を伴い発症する方が増えて
  きています。対策としてはこまめにストレッチをする、マッサージをうけるなど手入れをして
  いると日常生活に影響がでるほど悪化しません。
  しかし、ほっておいたり湿布をして様子をみているとどんどん進行していき改善に時間がかか
  ります。
  あまり痛ければ病院で注射や薬で痛みを抑える治療になりますが、症状を抑えるだけで治すわ
  けではありません。治したければ他の方法を考えまたご自身でストレッチをすることも必要に
  なります。




  整体からみる手のしびれ、頸肩腕症候群


  手のしびれや頚肩腕の痛みの原因は不良姿勢や体の使い方のくせによる
  筋肉疲労による
筋肉の硬縮、
  
筋肉がこりかたまることによる腱の伸縮性の低下、
  筋肉や腱の正常な動きができないことによる関節のゆがみ です。
  さらに正常な動きが阻害されることにより血流の循環が悪くなり血行不良や神経圧迫を
  おこし痛みやしびれが増強します。
  頸肩腕は連動して動いているので手のしびれの原因は自覚がなくても頸肩腕のこりのこと
  が多いです。
  肩甲骨の動きも悪く胸郭出口を圧迫ししびれの範囲も放散していきます。
  薬や湿布で一時的に症状を抑えても改善することはありません。

  これらの所見からやることは 頸肩腕の
  「筋肉のこりを緩める、腱の伸縮性を取り戻す、関節のゆがみを正す」です。
  整体では、これらを同時に施術します。
  この症状は
頸肩腕の連動性を考えた整体が早期改善に適しています。

  当院はこの松本市で開業して13年、施術実績18000件以上
  手のしびれ、首・肩・腕の痛み、こりの改善実績も多数あります。
  お悩みの方ば当院の施術を受けて解決しませんか。