足底筋膜炎を解決|松本市のぞみ整体院

tel.0263-33-2070

受付時間 8:30~20:00 不定休
〒390-0877 長野県松本市沢村2-15-11

ライン

■更新日

足の裏が痛い女性

1.足底筋膜炎 足底腱膜炎とは

足底筋膜炎は筋肉の膜の炎症で足底腱膜炎は腱膜の炎症で多少異なりますが同じ症状同じ疾患です。
特に明確にわける意味はありません。
足裏のかかとから足の指のつけ根についている足底筋膜が炎症をおこし足裏に痛みを発生する症状です。
足底筋膜は足底の土踏まずのアーチを保持して足裏にかかる歩行時の衝撃を吸収する役割とその衝撃の反動で蹴リ出す役割も担っています。
この足底筋膜が何かしらの原因で炎症をおこすと歩行時に痛みが発生します。
特に起床時や休んだ後の第一歩目に痛みがでやすい特徴があります。
原因は、スポーツによる過負荷、長時間の歩行や立ち仕事の疲労の蓄積、扁平足や外反母趾などの変形、筋力不足、 加齢による足底腱膜の硬化などです。
臨床経験上、立ち仕事などを長年やっている中高年の女性に多い印象があります。
足回りの腱や筋の硬化や外反母趾、筋疲労などが重なって発症すると思われます。
足底が痛くなるので脚全体のバランスをくずしひざや股関節まで痛くなることがあります。

2.足底筋膜炎の治療

足底筋膜炎は足首やふくろはぎ、アキレス腱の疲労による硬化や柔軟性の低下が足底腱膜に負荷をかけていることが要因になっています。
また足裏の痛みはひざや股関節など脚全体、骨盤にも影響が及びます。
脚全体を施術しないと湿布をしたり塗り薬をして一時的にラクになったと感じてもまた痛くなってきます。
足底が痛いからといって足裏マッサージをしたり足底になにかをしても根本的な解決にはなりません。

3.整体からみる足底筋膜炎

足底筋膜炎は足首やふくろはぎ、アキレス腱の疲労による硬化や柔軟性の低下が足底腱膜に負荷をかけていることが要因になっています。
また足裏の痛みはひざや股関節など脚全体、骨盤にも影響が及びます。
脚全体を施術しないと湿布をしたり塗り薬をして一時的にラクになったと感じてもまた痛くなってきます。
足底が痛いからといって足裏マッサージをしたり足底になにかをしても根本的な解決にはなりません。

4.足底筋膜炎は整体で解決

整体は全体をみて痛い部位、痛みの影響をうけた関連部位、痛みを引き起こしている原因、他身体のゆがみや筋拘縮(こり)を施術します。
足底筋膜炎の場合、痛い部位は足裏、関連部位は人それぞれ違いますがひざや股関節・腰、痛みを引き起こしている原因は足、足首、ふくろはぎやアキレス腱です。
これらの部位を適切に施術して硬化した部位を緩めて柔軟性を取り戻すことにより根本解決されます。
足底筋膜炎は整体施術で改善できる疾患です。ご自身でできるセルフケアやストレッチもお教えしますのであわせて行うことによって早期に改善がみこめます。

足底筋膜炎は、適切な手技療法で改善できます。
足の痛みでお悩みでしたらのぞみ整体院で解決しませんか?